ペニスは様々な大きさや形があるが発達異常で125人に1人は何らかの異常|裏サイト裏通りの情報屋.ミクロ.短小.曲がったペニス

表と裏情報を集約した裏サイト-裏通りの情報屋では全世界における事件.問題.悩みなどあらゆるカテゴリーについて裏や闇に潜む情報を発信し皆様の知的好奇心を満たす目的で存在

男性のペニスは様々な大きさや形があるが先天的な男性器の発達異常で125人に1人は何らかの異常があるらしい|裏サイト裏通りの情報屋が見つけたミクロ短小曲がったペニスの症例

裏通りの情報屋【HOME】   裏通りの情報屋【MOBILE】  裏通りの掲示板【BBS】  裏通りの情報屋ブログ【BLOG】

デリケートゾーンのニオイ.黒ずみ.おりもの.悩み解消-ペニスの悩み改善.短小.早漏.包茎.ペニス20cm超え臨床試験効果検証済-性感染症.STD.性病-大麻.覚せい剤.薬物検査の匿名郵送検査-結果はネット確認-完全独自審査のキャッシング.ローン.自己破産.債務整理.過去のリスク問わず即日融資

裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-お金儲け.裏バイト.副業.在宅ワーク-に特化した表と裏情報およびここでしか入手できない必須アイテムを紹介-裏通りの情報屋
裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-公営ジャンブル総合.競馬.パチンコ.スロット.ロト.競輪.競艇-に特化した表と裏情報およびここでしか入手できない必須アイテムを紹介-裏通りの情報屋
裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-金融総合.審査の甘いキャッシング.ローン.クレジットカード-に特化した表と裏情報を紹介-裏通りの情報屋
裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-ニオイ.体臭.ワキガ.陰毛.体毛などのコンプレックス全般-に特化した表と裏情報およびここでしか入手できない必須アイテムを紹介-裏通りの情報屋
裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-美容全般.ボディケア.身体の黒ずみ.股ズレ.股擦れ-に特化した表と裏情報およびここでしか入手できない必須アイテムを紹介-裏通りの情報屋
裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-性器.短小.早漏.デリケートゾーンケア.陰毛ケア.すそワキガ.デリケートゾーンニオイ-に特化した表と裏情報およびここでしか入手できない必須アイテムを紹介-裏通りの情報屋
裏サイトのみが知り得る希少情報を集約-出会い全般.セフレ.浮気.自由恋愛.結婚-NGワード.売春.援助交際.援助デート-出会い系サイト.出会い掲示板-に特化した表と裏情報を紹介-裏通りの情報屋
皆様のブッコ抜き裏ネタ記事を裏通りの情報屋サイトでご紹介します
デリケートゾーンのすそワキガ臭や特有のニオイ.黒ずみ.肌や体型.生理.ショーツの中の汗.アンダーヘアのムレを自宅で簡単にケアする方法を集約-セクシャルヘルスケアのお店紹介
援助交際.売春が後を絶たない裏の出会い-違法行為だと知りながらもセックスフレンド募集女性が多数利用する裏サイト-隠れJK.不倫.浮気-条件.援助無しでSEXを求める女性が湧く穴場
裏通りの情報屋がブッコ抜くネット界に蔓延する表と裏の情報
「オレは世界一の短小だ」2.5センチの性器を持つ男

裏通りの情報屋-お勧め-サイトorブログor記事紹介

この記事は【EXCITE ニュース】さんのサイトorブログに掲載されている記事を紹介しています。

----------ここから。


「オレは世界一の短小だ」2.5センチの性器を持つ男のあまりにも苦しい人生


男性器の奇形は、世界で自分一人だけなのかもしれないという恐れに支配されてきた人生とは――。

■60年におよぶ“短小コンプレックス”

今年62歳になるスティーブ・ベイカー氏は、尿道下裂と呼ばれる先天的な男性器の奇形の一種を患って生まれてきた。
性器の奇形ということで、それを口にすることをためらっていた両親や、兄弟、そして医学的知識の足りなかった医師のために、彼は常に重い自己嫌悪、自己否定、そして全くもって自分に自信が持てないという苦悩のなかで60年近く生きていかなければなかったのである。

イギリスの「Daily Mail」紙などのレポートによると、ベイカー氏がおよそ3年前に、自分の性器の奇形が、世界でベイカー氏一人だけの異常な欠陥であるわけではなく、症状の重軽はあるものの125人に1人という高い確率で発症していることを知り、はじめて心の救済を得たと言っている。

尿道下裂とは、先天的な男性器の発達異常で、尿道が男性器の先端まで届かない状態で生まれてきてしまう状態のことで、多くの場合は亀頭の手前の下側に尿道孔が開いてしまっていたり、重度の場合は男性器の付け根あたりに開いてしまっている場合もあるという。

いずれの場合も、男性器の奇形を伴うことが多く、下にお辞儀をしているような状態であったり、途中で極端に曲がっていたりする。
また、きわめて男性器が小さいミクロ男性器状態で生まれてくる場合もあり、そういった場合は半陰陽が疑われることもあるらしい。



原因こそまだ不明であるが、早い段階で形成外科的な手術によって修復されてしまえば、ほぼ問題なく成長できるものである。
イギリスでも年間1500件を超える修復手術が行われているほどの発症率である。

■ベイカー氏の思いとは?

1960年代のイギリス、エセックス州のチェルムズフォードの郊外で生まれたベイカー氏は、恥とタブーが折り重なった環境下におかれていたも同然で、親や兄弟たちとさえもその話題を避けているなかで育っていくしかなかったのである。
尿道下裂とミクロ男性器を併発していたベイカー氏は、通常時で約2.5センチ、勃起時でも10センチたらずの自分の男性器を、世界の唯一の奇形男性器の持ち主と思い込み、悩み苦しみ続けていたのである。

「他人のいるところで着替えをしたことはない。
私にとって競泳用のスイミングパンツを履くことは、拷問と同じだった」とベイカー氏は言う。
「世間では、男の評価は一物の大きさで決まる。それが社会なんだ」とも言い、誰にも自分の悩みを言えずに少年時代を過ごしていたことを振り返る。

■誤診で亀頭切断

さらに、彼の不幸に追い討ちをかけたのは、大学で農業を学び、1年間の実習のためにニュージーランドの農場で働いている時に事故は起こった。
性生活の向上のために訪れた泌尿器科の専門医が、ベイカー氏の男性器の状態を尿道下裂とは診断できず、普通の割礼を勧めたのである。
この誤診によって、割礼をではなく男性器の神経が集中している部分、つまり亀頭を切除されてしまったのである。



これによって、ベイカー氏は、通常のセックスでオーガズムを得ることすら困難になってしまったわけである。
男性器のサイズだけでも十分すぎるほどの精神的負担だった上に、感覚まで奪い取られてしまったベイカー氏の苦悩は、計り知れないものであったに違いない。

そういった困難の中でも、ベイカー氏は29歳の時に幼なじみと結婚し、カナダへ移住し二人の子どもを授かった。
しかし、結婚生活も長くは続かず、2001年には破局を迎え、それ以降1回しか普通のセックスはしていないという。
「私にも、普通の男と同様の性欲はある。
しかし、することも感じることもできない」ベイカー氏は、このように自分の身体と心の悩みを言っている。

インターネットグループによって、3年前に自分の症状が、特異な奇形でないことを知り、心のなかの重荷のひとつから開放されたベイカー氏の現在の心配は、この症状が自分の子供、孫に遺伝していってしまうのではないかということであるそうだ。
少しずつではあるが、やっと前向きに人生と向かい合えるようになったベイカー氏は、今カナダの大自然の中での生活を楽しみはじめているという。

----------ここまで。

以上。

この記事内容について詳しくご覧になられたい方は、下部より【EXCITE ニュース】さんのサイトorブログへご訪問ください。

EXCITE ニュース】さん、ありがとうございました。

EXCITE ニュース】さんのSITE or BLOG for 【LINK


|   Yahoo Japan   |   Google   |   MSN   |
裏通りの情報屋 HOME  裏通りの情報屋と相互リンクのお申込依頼  裏通りの情報屋で投稿したい記事の紹介依頼
Copyright c 2006 OFFIS-OWLCALL . All Rights Reserved.