アナルオナニー2日目の体感とアナニーの方法|ワタシのメスイキ日記

アナルオナニー00007

昨日、初めてのアナルオナニーを実施し、そして今日8月11日は2度目のアナニーをしました。

ワタシの場合、自宅での自営業をしている為、比較的時間は融通がきくので、早い目に仕事を切り上げ、夕方6時ぐらいには夕食を済ませてアナニーの準備に取り掛かります。

前記事でも紹介したように、アナニーはウェットオーガズムの射精とは違い、結構な時間を要しますので、余裕を持って実施出来るようにしています。

夕食後しばしの休息を取って胃腸を落ち着かせ、アナニーに要する器具などを準備し、19時頃からアナル周辺筋肉のマッサージをしました。

約10分間、念入りにマッサージをおこない、電気ケトルでお湯を沸かして腸内洗浄に使用する浣腸器具を熱湯消毒します。

その後、腸内洗浄器具のボトル内にぬるま湯を注入し、器具の準備が整った後、肛門部位に少量のアナル専用ローションを塗ってトイレへ入ります。

トイレの便座に腰掛け、洗浄器具の直腸内へ挿入する部分へ肛門部へ塗ったアナル専用ローションをよく馴染ませ、スムーズに挿入出来るようにします。

そしてゆっくりと洗浄器具の先端を肛門から直腸内へ挿入し、根元部分まで入ったら、ポンプ内のお湯を腸内へ注入。

※)参考:肛門から直腸内へ挿入する器具の長さは約10cm。

※)参考:1回あたりの直腸内へ注入するお湯の量は約200cc。

お湯の注入ができたら、自然な感じでの便意が湧き起こりますので、その便意に促されるよう通常の排便時と同じようにお腹へ力を入れて排出します。

1度目の腸内洗浄では、肛門付近の直腸内にある便と共に注入したお湯が排泄される場合が多いでしょう。

そして腸内での残留感が無ければ、2回目の腸内洗浄をおこないます。

1度目と同じく、洗浄器具の直腸内へ挿入する部分へ肛門部へ塗ったアナル専用ローションをよく馴染ませた後、洗浄器具の先端を肛門から直腸内へゆっくりと挿入し、根元部分まで入ったら、ポンプ内のお湯を腸内へ注入。

便意に促され、腸内の残留感が無くなるまで、お腹に力を入れて排出する。

便が無くなり、排出されるものが「注入したお湯だけ」になるまで、この行為を繰り返します。

※)参考:かなりの便秘症の方でなければ、2、3回の行為で腸内は洗浄されると思われます。

排出されるものが「注入したお湯だけ」になれば、この洗浄工程は完了です。

通常の排便時と同じように、肛門付近をキレイにします。

そして手洗いをする際に使用した洗浄器具も消毒、殺菌効果のあるソープで洗っておくと、アナニー後の後片付けが楽になるのでお勧めです。

さて、いよいよ2回目のアナニー実施です。




ニューハーフ.男の娘.女装子.アナルセックス.アナルプラグ.アナル開発.アナル拡張.アナルバイブ.前立腺.エネマグラ.アネロス.ANEROS最安値販売




ベッドに戻り、腸内へのローション注入器へローションを注ぎ入れ、利き手の中指に指サックを装着。

ワタシがアナル開発に使用している「失敗しないアナル開発バイブ」の挿入する側にはコンドームを装着しておきます。

肛門部に適度(パール2粒程度)のローションを塗り、ローション注入器の挿入部分をローションで馴染ませて直腸内へ挿入。

何となく狭く抵抗感がある場所から少し奥の地点で半分のローションを注入し、残ったローションは注入器を引き抜く途中に最初に狭く感じた部分へ放出して、そのまま注入器を取り出します。

ベッドに横たわったリラックス体勢で「失敗しないアナル開発バイブ」の挿入する側部にローションを馴染ませた後、先端を肛門と垂直になるようポジションを定め、ゆっくりと肛門から直腸内へ押し入れていきます。

ローション注入器を入れる時に感じた狭く抵抗感がある場所を通過すれば、吸い込まれるように入っていきます。

バイブの根元まで入ったら、リラックスした状態で肛門や直腸が器具の受け入れ態勢が整うまでの約10分程度何もしないで待ちます。

その後、ゆっくりとした深呼吸をしながら、肛門筋を「閉める」「緩める」の工程を繰り返しおこないます。

この時、前記事でも解説しましたが、特に性的な快楽はありません。

個人差は生じるかもしれませんが、「アナル開発から前立腺および周辺部で性的快楽を得るにはかなりの時間と経験を要します」ので、現時点での快楽は無くて当然であると認識しておいても間違いではありません。

しかし肛門筋を「閉める」「緩める」の工程と、後に使用する前立腺刺激専用器具「エネマグラ」を利用して前立腺を刺激する工程を繰り返す事で、その経験が最終目標の性的な快楽「ドライオーガズム」へ繋がる事となりますので、焦らずに取り組むようにしましょう。

ワタシ自身、数多くの記事を拝見し習得した知識から、「ドライオーガズム」は基より、アナル開発での性的快楽が得られるであろう期間は、少なくとも3ヶ月以上は要すると見込み取り組んでいます。

刺激する場所が場所だけに、慎重になります。

この記事をご覧になられた方も、「アナル開発から前立腺および周辺部で性的快楽を得るにはかなりの時間と経験を要するという事は、肝に銘じて実施されるようにしてください。

では本題に戻り、肛門筋を「閉める」「緩める」の工程を繰り返しおこなう中で、最初にローション注入器で直腸内に注入したローションと、肛門部に塗ったローションを再投与する必要性が生じます。

アナル専用ローションは一般的なローションよりも粘度が高く作られていますが、時間の経過と共に潤滑能力に劣りが出てきます。

ご使用になるローションにもよりますが、ワタシが使用している「アナル専用ローション」の場合、ワタシ個人の目安として40分~50分程度経過したら再投与するようにしています。
失敗しないアナル開発バイブ」を肛門から取り出すと、まだ粘りのある感じはしますが、やはり潤滑能力が低下している事は明らかです。

「安全第一」で取り組むようにしましょう。

約2時間、肛門筋を「閉める」「緩める」の工程を繰り返し、第2回目の「アナル開発」アナニーは終了。

その後、シャワーを浴び、器具を洗浄し就寝。

今回要した時間は、約4時間でした。


>>> 射精は性的快楽の一部に過ぎない <<<

快楽の全てを満喫して未知のオーガズムを体感



アナル開発、前立腺開発には正規エネマグラ販売店のアネロス【ANEROS】|アナニーによる前立腺刺激で未知のオーガズムが体験できる|アナル前立腺快楽を知らない男は性的快楽の半分を損している|メスイキ日記全国女装子名簿|裏サイト裏通りの情報屋


【アナル開発】【前立腺開発】失敗しないエネマグラ正規品Aneros