男の性的快楽は射精だけじゃない|男のドライオーガズム-アナル前立腺の快楽

射精以外のオナニー アナル前立腺ドライオーガズム

男の性欲発散手段は射精だけじゃない

多くの男性は多岐に存在するオーガズムを得る手段を知らず性的快楽の大半を損しているかもしれない

今からでも遅くない…

年齢など関係ない…

数多くあるオナニーの方法を習得して新たな性生活を始めよう




男の性的快楽は射精だけじゃない新たなオーガズムオナニーアナルの快楽




一般的に男性が体感できる性的な快楽として「射精」が代表的なものであると考えられています。

そして「射精」が男性の性欲を満たす唯一の行為であると認識している方が多く存在します。

これは男性として誕生し成長していく段階で、「思春期」という時期を迎え、多くの男性はその時期に心身の本能に基ずくメカニズムにより感じ受ける「性的な興奮」と身体の部位である「性器(ペニス)の変化」により、自然と導かれる道理的な行為である為、そのように認識されても不可思議では無いのです。

しかし、男性が性的な興奮を覚え発散する行為は「射精」しかなのでしょうか。

この記事では男性が性的な興奮を感じて「射精」という行為に導かれるメカニズムを解説すると共に、他の手段で男性が性的快楽を得られるものは無いのか、視野を少し広げて情報を収集した上での新たな性欲発散の手段を紹介します。




男の性欲発散法は射精だけじゃない新たなオナニーでアナルの快楽ドライオーガズム




[射精のメカニズム]

男性の多くは成長過程の中、「思春期」という時期を迎えた頃から、異性である「女性のカラダ」に対して本能的に性的な「興奮」を感じるようになります。

これは男女間における「恋」や「愛」という感情では無く、男性が女性に対して本能的に向けられる「視覚」や、抱いてしまう「想像」から感じ受ける現象で、この「興奮」は多くの男性が成人になる過程の中で経験するステップであると言えます。

そして性的な「興奮」を感じ取った男性は身体の一部に変化をもたらします。

その変化は陰茎(ペニス)に顕著な形で現れます。

男性が主に「視覚」や「想像」から性的「興奮」を感じると、脊髄内にある「勃起・射精中枢」から指令が送られ、陰茎(ペニス)を構成する陰茎海綿体に血液が大量に流れ込み、陰茎(ペニス)が通常時よりも硬くなり大きくなる生理現象が起こります。

この「勃起」という生理現象が起こると、個人差はありますが陰茎(ペニス)は約1.5~2倍程度大きくなると言われています。

勃起を起こす要因としては、前途した男性が女性に対して本能的に向けられる「視覚」や、抱いてしまう「想像」が関わっており、それらから大脳が性的興奮を感じると脊髄の中枢神経に興奮指示が伝わる事によって起こる「中枢性勃起」と、陰茎(ペニス)に物理的な刺激を与える事で反射的に中枢神経を興奮させて勃起する「反射性勃起」の2通りが認められています。

そして「勃起」という状態になった男性は、興奮をより高揚させ快感を得る為に「射精」という行為を起こそうとします。

「射精」とは脊髄内の「射精中枢」から指示が送られる事によって起こります。

興奮が高まった男性の身体の中では、「副睾丸」という部位に蓄えられている「精子」と分泌液が混ざり「精管膨大部」という部位に送り込まれます。

この時、男性の性的な興奮はより高揚感を深めている状態で、その興奮が維持できない限界に陥ると、精管膨大部に蓄えられていた精子が射精管を通って尿道前立腺部位に送り込まれ前立腺液と混ざります。

尿道前立腺部位にある尿道括約筋の収縮により、混合された精液の圧力は高くなる為、尿道括約筋が緩んだ時、、圧力が高くなっている精液は尿道を通して陰茎(ペニス)の先端から勢いよく放出されます。

この現象が「射精」というものであり、この射精時に男性は性的な快楽を得るとされています。




ニューハーフ、ホモ、ゲイのSEXアナルセックスはアナルから前立腺を刺激するドライオーガズムアナルの快楽




[男の性的快楽(射精以外の手段)]

射精以外の性的快楽…。

この記事をご覧になられている多くの方は、おおよその見当がついている事と思います。

一度は耳にしたことのあるキーワード。

男性の性ラウフの中には「ホモ」「ゲイ」という世界が存在します。

これは「ニューハーフ」というキーワードがごく普通に言い交わされる現代は勿論、昔から言い伝えられてきた「男性」と「男性」とが性関係を持つ事を指します。

ひと昔前だと「ホモ」「ゲイ」という世界は暗闇の中に存在する「非難」「中傷」されるものでしたが、現代ではいまだに一部で若干の難色感を抱かせるものの、徐々にその世界も「ニューハーフ」という表現で多くの人々に認知され、その人達が公共の電波放送でも自然な形で出演するようになり、ニューハーフ専門の性風俗店も数多く出店するようになりました。

では一体、どのようにして「男性と男性」が性行為で快楽を得るのでしょうか。

上記の「射精のメカニズム」では、男性は異性である「女性のカラダ」に対して本能的に性的な「興奮」を感じ、「視覚」や「想像」から得た刺激が「勃起」という生理現象を起こし、その「勃起」した陰茎(ペニス)に物理的な刺激を与え「射精」する事で性的な快感を得るというひとつの手段を解説しました。

「男性」と「男性」との性においても同じ性的快楽の法則は成り立つのでしょうか。

その答えは、あいにく私はその世界に属さない人間である為、私個人の見解として定義付ける事はできませんが、推測するに成立しても不思議ではないと考えます。

ただ「射精する手段(方法)」の一部においては、違いが生じるでしょう。

それは当然の如く「男性」と「女性」の身体の構造にあります。

自性行為による性的快楽を得る場合を除き、「男性と女性」、そして「男性と男性」とがおこなう性行為は、身体の構造上違うものとなります。

「男性と男性」が持つ性行為の代表的なものとして「アナルセックス」というものがあります。

それは片方の男性の勃起した陰茎(ペニス)を、相手側の男性の肛門から直腸内へ挿入し性的快楽を得る行為を指します。

ここである疑問点が存在します。

陰茎(ペニス)を挿入する側の男性は「射精」にて性的快楽を得る事ができますが、相手側の男性はどのようにして性的な快楽(快感)を得るのでしょうか。

快楽(快感)を得るスタイルは万人において統一されてはいないかも知れませんが、快楽(快感)を得る事ができるスタイルとして代表的な「性感帯」のひとつを、当記事で紹介したいと思います。

その「性感帯」とは、男性のみが生まれ持つ身体の部位である「前立腺」を指します。

この「前立腺」は男性が性的快楽を得る手段の「射精」と密接な関連性があり、上記の「射精のメカニズム」で少々触れていますが、「射精」により放出される精液には「前立腺液」が含まれています。

つまり「射精」による快楽(快感)には「前立腺」という部位の協力なしては得られないという事になります。

「射精」と「前立腺」との関連性については、当記事のテーマでは必要としませんので、別記事にて解説したいと思いますが、この男性のみが生まれ持つ「前立腺」にはとてつもない秘密が隠されていました。

「前立腺」は男性にとって、最高の快楽(快感)が得られるスポット(部位)なのです。

この「前立腺」というスポットに刺激を与える事によって、計り知れない快楽(快感)が得られるという事実が判明しました。

「前立腺刺激による快楽(快感)」の度合いは、「射精」の何十倍、何百倍とも言われており、また「射精」による最大の快楽(快感)は「射精時のみ」とされているのに対し、「前立腺」を刺激して得られる快楽(快感)は自身の体力が続く限り、その絶頂感を何度も体感できるとの事。

その快感(快感)の事を「ドライオーガズム」と言われており、女性が性行為で体感する「オーガズム」に匹敵し、男性だけに許された果てしない快楽(快感)であるという。

この「前立腺」のある場所は膀胱のすぐ下に隣接していて、大きさは「クルミ」程度であり、その一部が直腸に接している為、直腸内から直腸の壁越しに指で触れる事が可能。

つまり疑問点であった、「陰茎(ペニス)を挿入される側の男性」は、肛門から挿入された相手側の陰茎(ペニス)にて、直腸内から「前立腺」を刺激する事によって快楽(快感)を得られるという事である。

以上から、「男性と男性」による性行為のひとつ「アナルセックス」が「成立する仕組み」が理解できる。

当記事の「まとめ」として、男性が射精以外の手段で性的快楽(快感)を得るひとつの方法として、「前立腺刺激によるドライオーガズム」というものがあるという事を、性知識として認識していただければいいかと思います。



当サイト内のコンテンツ「アナルの快楽」では、この「前立腺刺激によるドライオーガズム」に携わる情報をメインに取り上げ、関連した情報についても紹介したいと考えております。


>>> 男の射精はオーガズムのひとつに過ぎない <<<

男だけが体感できる限界無き未知のドライオーガズム



偽物エネマグラに注意エネマグラの正規品はアネロス[ANEROS]男だけに許されたオーガズムに限界は無い|アナルと前立腺を刺激するアナニーにより未知のドライオーガズムが体験できる|アナル前立腺刺激によるオーガズムを知らない男は性的快楽の半分を知らず損をする|裏サイト裏通りの情報屋


【偽物に注意】男のドライオーガズムに導くのは正規エネマグラアネロス[ANEROS]Aneros