アナルセックスと前立腺の密接な関係|ワタシのメスイキ日記

アネロス ANEROS エネマグラ

まず第一に知りたかった知識としては、やはり重要なスポットとなる「前立腺」について調べた。



前立腺は男性しか持っていない器官であり、男性特有の「生殖器」のひとつである。

前立腺のある場所は膀胱のすぐ下に隣接していて、その一部が直腸に接しているため、直腸の壁越しに指で触れることができる。

大きさは栗の実やクルミ程度で、大きな器官ではない。

そして前立腺は精液をためる器官である「精のう」とも隣接していて、その「精のう」にためられた精液の通り道となる「射精管」は、前立腺のなかで尿道とつながっている。

次に男性の生殖に関与する代表的な働きとして「前立腺液」の分泌があり、前立腺液は精液の主な成分のひとつで、精子を保護して活動を活発にする成分を含んでおり、精のうの中で精子などと混合され精液となる。

そして前立腺の筋肉の収縮により、精のうにためられた精液を尿道内に送り出して「射精」するしくみである。

つまり、前立腺のある場所とその構造や役割から、男性の性感帯に密接に関係する器官である事がわかった。

そして、その前立腺に何らかの手段により刺激を与える事で、性的な快楽が体感できるという。



「男性の性的快楽(オーガズム)は『射精』する事である」という知識しか持たなかったワタシは、この事実を知り、これまでの性生活において何となく愕然とする思いが過った。



前記事でも触れたが、「ゲイ」「ニューハーフ」と言われる人たちが、何故、アナルに関心を持ち、「アナルセックス」という行為が成立するのか、その真相が理解できたように思えた。



前途した通り、前立腺は一部が直腸に接しているため、直腸の壁越しに触れることができる。

その前立腺に刺激を与える事で、未知なる性的快楽(オーガズム)が得られる。

「アナルセックス」とは「男性性器」をアナルに挿入する者。

そして、アナルで「男性性器」の挿入を受ける者。

この2者が存在し、挿入する者は「射精」により性的快楽を得る。

また挿入される者は、「男性性器」の挿入により、直腸側から前立腺を刺激する事で、性的快楽を得る。

ワタシが想像するに「アナルセックス」とは、このような「しくみ」の基、成り立っていると認識した。

勿論、「アナルセックス」という行為で得られる快楽は他にもあると考えられるが、「アナルセックス」についての知識はワタシには必要ないので、この辺で割愛する。



この記事では、前立腺の「場所」「構造」「役割」から、前立腺は男性の性的快楽に深く携わり、その前立腺を刺激する事で、男性しか体感できない未知なる性的快楽(オーガズム)が得られるという事が判明した時点で終わり。



>>>前立腺を自分で刺激する手段に続く…


>>> 射精は性的快楽の一部に過ぎない <<<

快楽の全てを満喫して未知のオーガズムを体感



アナル開発、前立腺開発には正規エネマグラ販売店のアネロス【ANEROS】|アナニーによる前立腺刺激で未知のオーガズムが体験できる|アナル前立腺快楽を知らない男は性的快楽の半分を損している|メスイキ日記全国女装子名簿|裏サイト裏通りの情報屋


【アナル開発】【前立腺開発】失敗しないエネマグラ正規品Aneros